一般的によく言われていることですが、ストレス薄毛には因果関係あると考えられています。

ストレスが原因で、円形脱毛症になったなんてあなたの身の周りでも聞いたことはありませんか?

実はストレスが原因で、薄毛が進行するという直接的な原因はわかっていません。

しかし、さまざまな要素が絡み合い、間接的には影響があるといわれています。

ストレスと男性ホルモンと薄毛の関係

さまざまな要素の中でも一番影響がありそうなのが、男性ホルモンが関与しているという説です。

ここでAGAのメカニズムについて考えてみましょう。

毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素「5αリダクターゼ」

この酵素が、男性ホルモンの一種「テストステロン」と結合します。

その結果、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。

このDHTが、毛根の根元にある毛母細胞の発毛機能を阻害することが薄毛の原因だと言われています。

テストステロンというホルモンは、筋肉の発達や男性の生殖器の発達に関係します。

人は心的なストレスが溜まると、体の代謝機能や血流が低下します。

そこで体は血流の増加を促進させるために、テストステロンの分泌を増加させます。

つまりその結果、DHTも増えることになり、薄毛が進行してしまうのです。

また、頭皮の血行不良は、ストレスにより血管が縮むことが原因と考えられます。

血行不良が続くと、髪に必要な栄養が不足するので、薄毛が進行する可能性もあります。

つまり、ストレスを軽減させることが、薄毛予防と発毛促進へとつながります。

おすすめのストレス解消方法

ストレスを解消する方法は人それぞれあると思います。

一番簡単で効果的なのが、睡眠をとることです。

髪の成長にも睡眠は欠かすことはできません。

睡眠不足は、脳を疲労させるので、それが続けば体にも悪い影響を与えます。

その結果、髪にも悪影響を及ぼします。

一日のうちで、髪がもっとも成長するゴールデンタイム

ゴールデンタイムは22時から2時までの時間帯です。

このゴールデンタイムに質の良い睡眠をとることができれば、髪の成長にも良い効果が期待できます。

夜更かしをして睡眠不足になることは、髪にとっても大敵です。

日ごろから質の良い睡眠を十分とるように心がけましょう。