薄毛対策や抜け毛対策には、頭皮の血行を促進させることが重要です。

頭皮の血流ををよくするためにも、冬にはマフラーなどの防寒具で首から上への血行を促進させましょう。

夏場もエアコンが効きすぎる室内では、体の血流も悪くなることがありますので、体を冷やし過ぎないように気をつけましょう。

入浴時の洗髪にも注意が必要です。

頭皮の血流をよくするためのシャンプーの仕方

頭皮を清潔に保つためにも洗髪は大切ですが、あまり洗い過ぎないように心がけましょう。

頭皮には適度な油分も必要です。

洗いすぎることにより、生えたばかりの若い毛までが抜けたりすることもあるので注意が必要です。

ゴシゴシ力を入れて洗うのではなく、頭皮の血流をイメージしながらマッサージをするように洗髪しましょう。

薄毛に悩まれてる方のほとんどが、頭頂部と前頭部の薄毛に悩まされてることだと思います。

そして、側頭部や後頭部は太く元気な髪の毛が生えている。

そんな方には次のシャンプーの仕方をおすすめします。

普段から整髪料を使用されている場合は、まず軽くお湯で洗い流しましょう。

ハードな整髪料やスプレーを使われてなかなか落ちない場合は、一度シャンプーで軽く表面の汚れを落としてもらっても大丈夫です。

本番はそれから。

手にシャンプーをつけて、手のひらで軽く泡立てます。

側頭部と後頭部からシャンプー

まずは、髪の毛が太くしっかりした側頭部と後頭部の頭皮をマッサージするようにしっかりと洗いましょう。

その際、爪で頭皮を傷つけたりしないよう、指の腹で丁寧に洗ってください。

マッサージで頭皮の血流がよくなることをイメージしながらだと効果的です。

薄毛部分の頭頂部や前頭部のシャンプー

それが終われば、次は薄毛部分の頭頂部や前頭部の洗髪です。

薄毛部分の頭皮は、指の腹でやさしく表面の汚れを落とすだけでOKです。

ここで失敗しがちなのが、頭皮の汚れをしっかり落とさないといけないと思い、ゴシゴシと強い力で洗ってしまうことです。

新しく生えてきている細い毛まで抜いてしまうこともあるので注意してください。

薄毛部分の頭皮汚れを軽く浮かせたら、あとは両手の指の腹を使ってつぼを刺激するように頭皮をマッサージしてください。

イメージは、硬くなった頭皮をやわらかくほぐしていく感じです。

すすぎ洗いはシャワーでもマッサージをイメージして洗い流しましょう。

シャンプーが頭皮に残らないようにしっかりすすぎましょう。

毎日のお風呂での洗髪だけでもずいぶん頭皮の血流がよくなります。

入浴後はよく髪を乾かしましょう

入浴後はドライヤーでしっかり髪を乾かしましょう。

この直後に、普段から使っている育毛剤を使用すると、より頭皮の血行が促進されて効果も高まります。

薄毛・抜け毛対策には頭皮の血行を促進できる、自分に合った育毛剤選びましょう。

おすすめの育毛剤『フィンジア(FINJIA)』の口コミ評判 >